栃木県宇都宮市の歯科医院!! 無痛虫歯治療「ヒールオゾン」のご案内

宇都宮市ゆいの杜の歯医者さん
患者様専用ダイヤル お気軽にお問い合わせください 歯科に関する質問や相談はお気軽にどうぞ!
宇都宮市の歯医者さん!! おのざき歯科医院


 ■TOP ■医院案内 ■5つの約束 ■問い合わせ
 治療案内  ドックベストセメント虫歯治療ヒールオゾンで虫歯殺菌歯にやさしいアイコン虫歯治療虫歯を溶かして治すカリソルブ

 歯周病と歯周病治療システム歯周ポケットを殺菌する歯周病治療金属アレルギー対策(ノンメタル治療)

 無痛・安全!レーザー治療よく噛めるインプラントぴったり快適! 義歯・入れ歯

 歯列・歯並び一般矯正マウスピース矯正子どもの歯並び・歯育て矯正咬み合せ検査・歯接触分析

オゾン(O3)のパワーで無痛治療「ヒールオゾン」


 そんな皆さんに!
 画期的な虫歯の治療方法! オゾン(O)の殺菌力を応用したこれまでとまったく異なる新しい治療方法「ヒールオゾン」をご紹介します。

オゾンの殺菌力と自然治癒力で虫歯を治すヒールオゾン

ヒールオゾン ヒールオゾンは病巣の虫歯菌をオゾンにより殺菌する治療方法で、ドイツのカボ社(KaVo本社)で研究・開発された新しい虫歯の治療方法です。ドイツを中心にヨーロッパ諸国やアメリカでは多くの臨床現場(歯科医院など)で取り入れられています。

ヒールオゾンにより虫歯菌を除菌・除去することで、唾液の成分に含まれる歯を修復する作用(再石灰化)が有効に働き、小さい虫歯であれば歯を削ることなく治すことができます。自然治癒力を有効利用するという点では、これまでなかった画期的な治療方法です。

ヒールオゾンの前に! 虫歯の仕組みを知ろう!
  なんで虫歯ができるの?
 
 虫歯は風邪と同じく細菌(虫歯菌)が原因の感染症です。そして、常在菌のようにほとんどの方が持っているのが虫歯菌です。
しかし、もちろんお口の衛生状態や体質により虫歯菌の量には個人差があり、お口のケアと生活習慣(食生活など)がきちんとしていれば虫歯に発展することはまずありません。
虫歯はお口のケアを含む生活習慣の乱れなどがら虫歯菌が優位になると起こるのです。

 虫歯菌が排泄する酸により歯が溶けることを脱灰といいます。そして、私たちがもともともっている歯を自然に治す力(自然治癒力)。これが再石灰化です。

虫歯は脱灰と再石灰かのバランスが崩れ、脱灰ばかりが進んでしまって起こる病気なのです。

  虫歯を治す自然治癒力「再石灰化」?
 
 歯の再石灰化は唾液の働きによるものです。
食事の時に虫歯菌は酸を作りお口の環境を酸性にして脱灰を起こします。

 それを防ぐのが唾液の持つ緩衝作用と再石灰化作用です。緩衝作用は酸性に傾いたお口の環境を中和する作用、再石灰化は唾液に含まれるカルシウムやリンなどのミネラルイオンが歯に沈着し結晶化する作用です。

 生活習慣やお口のケアにもよりますが、C0やC1といった歯の表面のエナメル質にできた軽い虫歯であれば、ヒールオゾンやフッ素を用いて歯の再石灰化を促進することで、歯を削らずに治すことができます。
虫歯の進行
C0(エナメル質齲蝕) 歯の表面が溶け白濁して透明感が失われた状態。
C1(エナメル質齲蝕) 表面のエナメル質が溶けた状態。

C0・C1ともヒールオゾンで虫歯菌を除菌し、フッ素で歯質を強化します。
これにより、歯の再石灰化が促進され自然治癒が望めます。
歯を削るなど傷つけるような治療はしません。

C2(象牙質齲蝕) 象牙質まで達した状態。痛みや歯のしみを感じるようになります。

虫歯に侵された象牙質を除去します。
ヒールオゾンによる虫歯菌の除菌をおこなうので、通常の治療のように虫歯菌に感染していない部位まで削ることはありません。
C3(歯髄に達した齲蝕) 歯髄まで達し大きな穴が開いた状態。
炎症(歯髄炎)によりズキンズキンと激しい痛みがあります。

この状態ではおそらく歯髄は死んでいます。歯髄を除去して根管治療(歯内療法)をおこないます。
ヒールオゾンで根管内の虫歯菌を除菌します。直接見ながら治療できない根管内の治療をこれまでより高い精度でおこなうことができます。
虫歯菌に感染していない部位まで削ることもないので、歯の長期生存率も高まりました。
C4(歯冠部崩壊・残根状態の齲蝕) 歯冠部がなくなり歯根が残った状態。
歯根端が膿んでしまうと、長期的に歯を残すことも困難です。
歯を残せるかどうか???
患者様の希望をできるだけ尊重し、最も良い方法で治療します。

  虫歯予防はお口のケアと規則正しい生活習慣が大切
 
 ほとんどの人は多かれ少なかれ虫歯菌を持っています。そして、歯の表面のエナメル質は食事のたびにエナメル質が溶け出す「脱灰」とエナメル質が再生する「再石灰化」が繰り返されているのです。

 大切なのは脱灰と再石灰化のバランスです。バランスが保たれていれば脱灰と再石灰化が繰り返され虫歯が進むことはないのです。

 しかし、このような豊かな社会ではバランスを保つことも容易ではありません。おやつなどの間食もあれば、お酒を飲んで歯磨きせずに寝てしまうこともあるでしょう。

 でも、虫歯のメカニズムを知れば脱灰と再石灰化のバランスを少しは考えるようになり、食生活などの生活習慣にも違いが出てくるのではないでしょうか?

虫歯によって歯を失ってしまわないためにも、小さな努力から初めてみましょう!

虫歯の話が長くなってしまいました。。。。
ここからが本題の無痛歯科治療「ヒールオゾン」の紹介です。

ヒールオゾンによる治療

ヒールオゾンにはMI治療を実践するための多くのメリットがあります。

おのざき歯科医院もこれらのメリットに惹かれ導入したのですが、歯を傷つけずに歯を守る治療を実現するための最大の武器になるでしょう。

  オゾンで殺菌!痛くない・削らない虫歯治療
 
 なんといっても虫歯を削らずに治療できることは、歯の将来を考えると最大のメリットです。しかも、削らないから痛みがなく麻酔の必要がありません。しかも、オゾンの強力な殺菌効果で確実に除菌できるのです。

 これなら、歯科恐怖症の痛がりさん・怖がりさんや小さな子どもでも安心して治療に望んでいただけます。

  高い殺菌効果で精度の高い根管治療
 
 重度の虫歯で神経を除去した場合、空洞になった根管内に残る細菌などを確実に除菌して密封しなければなりません。

 根管治療において今までもこれからもこの徹底的な除菌処置がその後の歯の将来を左右します。これは、除菌が不十分だと根尖性歯周炎などの原因になることがあるためです。たびたび治療していると歯はどんどん悪くなりいつか失ってしまうことになります。

 ヒールオゾンは根管内の殺菌においても20秒で99,9%の細菌を滅菌と高い効果を発揮してくれます。
できるだけ歯を長持ちさせたいというのは患者さんの気持ちに応えてくれるのがヒールオゾンです。

  積極的予防歯科
 
 歯の表面のエナメル質にできた軽い虫歯(C0やC1)もヒールオゾンで滅菌することで再石灰化を促進し自然治癒させることができます。

 ヒールオゾンは虫歯菌の出した酸も中性化してくれます。
唾液の作用プラスαがヒールオゾンなのです。

  矯正中の虫歯予防
 
矯正中の虫歯予防  ブラケット装置による矯正はもっとも安定した歯の移動が期待できる半面、虫歯になりやすいといったデメリットがあります。これはブラケットが邪魔になり適切な歯磨きがしにくく、食べ物もつまりやすいためです。

 しかし、ヒールオゾンによる滅菌治療を併用すれば虫歯の心配も解消されます。矯正中の滅菌と予防をヒールオゾンが担ってくれるのです。

  口腔内粘膜の治療
 
ヒールオゾンは口内炎などお口の中の粘膜(歯肉などの軟組織)の治療にも使用できます。

ヒールオゾンの滅菌・消毒作用は虫歯だけでなくお口の中のあらゆる感染症に対応できるのです。

ヒールオゾン治療器とオゾン

ヒールオゾン  ドイツのカボ社(KaVo本社)が研究を重ねオゾンを安全に回収する機構を確立し、実用化された最新鋭の治療器がヒールオゾンです。これまでは、高い殺菌効果を持つオゾンに期待はあるものの強力な酸化作用から完全に安全な気体とはいえず実用化に至っていませんでした。

 日本ではマスコミが「歯を削らない夢のような治療器」として取り上げることが多々ありますが、厚生労働省の認可はまだおりていません。
おのざき歯科医院では院長自らが、実際に治療器に触れ仕組みを理解した上で「患者さんにとってとても良い治療器」と判断し導入しました。

ヒールオゾンによる治療は保険適用外となりますが、みなさんのご理解をお願い致します。

  オゾン(O3)って???
 
 オゾン (O3) は3つの酸素原子から構成される酸素の同素体です。
非常に強力な酸化作用があり殺菌やウイルスの不活化など有効な特徴を持つことから、近年では医療・介護、農業や食品分野で殺菌や消臭などの目的で使用され始めています。

 また、オゾンは非常に不安定な気体で私たちの生活する地表ではすぐに酸素(O2)に変化してしまい、大気中には微妙に含まれる程度の気体です。
地球の成層圏にはオゾンが安定して存在しえる?オゾン層があります。私たち生命にとって有害な紫外線の量を和らげてくれるオゾン層ですが、オゾンホールの減少など環境問題として耳にした方も多いのではないでしょうか?

  ヒールオゾン殺菌の仕組み
 
ヒールオゾン殺菌の仕組み  ヒールオゾンはシリコンキャップで対象歯を覆い真空ポンプによる完全な真空状態のもとオゾンを照射します。
照射したオゾンもオゾン回収システムにより治療器内部で酸素に還元し外部に放出します。

 バキュームポンプによりキャップ内を常に負圧にすることで、オゾンの漏れを完全にシャットアウトし、人体に影響をおよぼす可能性のあるオゾンの酸化力を無害化しています。

ヒールオゾンの治療ステップ


初期の虫歯なら削らずに治療します! もちろん痛みとも無縁です!
  STEP1 クリーニング
 
STEP1 クリーニング ヒールオゾンによる治療の前に歯面をていねいにクリーニングします。

  STEP 2計測
 
STEP 2計測 虫歯の状況を見極めるためにダイアグノデント(虫歯発見器)で調べます。ダイアグノデントは虫歯の進行度を数値化して表してくれる優れた機器です。

おのざき歯科医院では、定期検診でその時々の虫歯の状況を管理しヒールオゾンによる治療の判断をします。

  STEP3 治療
 
STEP3 治療 ヒールオゾンでオゾンを照射し虫歯菌を滅菌します。
コントロールされたオゾンの濃度で10~40秒間照射し、虫歯菌を完全に不活性化します。

痛みのまったくない完全な無痛虫歯治療です。

虫歯が進行している場合、治療のために歯を少し削り、治療後に保存治療(詰め物)が必要になることがあります。

  STEP4 再石灰化の促進
 
STEP4 再石灰化の促進  虫歯菌の滅菌後、歯の再石灰化を促進する専用薬剤を塗布します。

 これが歯を削らない究極の治療法「ヒールオゾン」です。ドイツを中心にヨーロッパ諸国やアメリカで注目される最先端のMI治療です。

虫歯探知器「ダイアグノデント」で虫歯をチェック

ヒールオゾン  歯面にレーザー光を照射して、その反射を測定することで目視できない小さな歯質変化を捉える機器です。
探針やレントゲンでは捉えることのできない歯質変化も見逃さず、早期発見の難しい臼歯の裂溝(奥歯上面の溝)にできる虫歯も調べることができます。
探針のように歯のエナメル質を傷つけ虫歯に悪影響を与えることもありません。

 ダイアグノデントは患者様の歯の健康を守る私たちにとって欠かせない機器となっています。


  視診や探針で発見できない虫歯も見逃しません
 
ヒールオゾン ヒールオゾン  臼歯の裂溝(奥歯上面の溝)にできる虫歯を小窩裂溝ウ蝕と言います。
この虫歯は厄介なことに視診や探針で発見できないのです。もちろん虫歯が大きくなれば発見できるのですが、そのころには歯の痛みもあるし削らなければならない状況です。

 このような虫歯の早期発見が可能なのはダイアグノデントならではのメリットです。

  虫歯の進行度合いを数値で判断
 
ヒールオゾン  歯の状態を数値で表すダイアグノデント、歯科医院ではこの数値と視診などによりどのような治療を施すか決定します。

 数値が低い場合、歯のクリーニングやフッ素など予防処置をして、歯を削らずに経過観察をおこないます。ヒールオゾンによる滅菌(虫歯菌の不活性化)も有効で状況に応じておこないます。


 
ディスプレイ数値 治療方法

計測数値 判定・治療内容
0 ~ 13 ご家庭でのケアの行き届いた健康な歯です。
PMTCにより歯磨きでは落としきれないバイオフィルム(プラーク)を清掃します。
14 ~ 20 虫歯になる前兆が見られるので予防処置が必要です。
PMTCによるバイオフィルム(プラーク)の清掃およびフッ素塗布をおこないます。適切な歯磨きができていない場合はブラッシング指導もおこないます。
状態によってはヒールオゾンによる治療が必要となる場合もあります。
21 ~ 30 虫歯あるいは虫歯になる直前です。
軽い虫歯(C0・C1)はヒールオゾンによる治療と予防処置、定期検診による経過観察をおこないます。
C2以上の虫歯は虫歯に侵された部位を除去する治療をおこないます。ヒールオゾンを併用すれば歯を削るのは最小限ですみます。
31以上 虫歯の治療が必要です。
虫歯に侵された部位を除去する治療をおこないます。
ヒールオゾンを併用すれば歯を削るのは最小限ですみます。

新しい予防歯科「ヒールオゾンとダイアグノデント」

新しい予防歯科「ヒールオゾンとダイアグノデント」

 歯をいつまでも健康に保つポイントはあなたに合ったリスクコントロールをきちんとおこなうことです。
リスクコントロールには、
自身の虫歯リスク(なりやすさ)を知る
食生活など生活習慣の見直し
歯磨きなど正しいセルフケア
PMTCやフッ素などの予防処置
定期検診による予防対策
などがあります。

 しかし、完全なリスクコントロールが難しいことと、虫歯になりやすい歯質や体質などから、虫歯になってしまう方が後を絶たないのも現実です。
そこで、おのざき歯科医院が導入したのがヒールオゾンとダイアグノデントです。
定期検診による継続的な管理をきちんとおこない、虫歯の早期発見に努め、虫歯になってしまったらヒールオゾンで滅菌し、唾液の持つ自然治癒力「歯の再石灰化」を助けていこうというものです。

 虫歯の治療は、早期発見できれば歯を削ることもないし治療の痛みもない無痛治療が可能です。
虫歯で歯を削ってクラウンなどの被せ物や詰め物の必要がなければ、歯を失って入れ歯やインプラントにする必要もありません。
あなたもヒールオゾンで健康な歯を維持して、充実した生活をおくりませんか?

「ヒールオゾンとダイアグノデント」いかがでしたか?
これを機会に、削らない・痛くない予防歯科に関心を持つ方が一人でも多く増え、虫歯で歯を失う方が減ると嬉しいのですが。。。

おのざき歯科医院は、削らない・痛くない予防歯科!ガンバリますので応援よろしくお願いします!


ヒールオゾンとダイアグノデントによる虫歯の治療と虫歯の予防に関するご質問やご相談は、このページの右上にある”お問い合わせ”をご利用ください。

定期検診をご希望の方はお電話でご相談ください。

トップページに戻る ページの先頭に戻る


ドックベストセメント虫歯治療ヒールオゾンで虫歯を殺菌歯にやさしい虫歯治療 アイコン虫歯を溶かして治すカリソルブ

歯周病と歯周病治療システム歯周ポケットを殺菌する歯周病治療金属アレルギー対策(ノンメタル治療)

無痛・安全!レーザー治療よく噛めるインプラントぴったり快適! 義歯・入れ歯

歯列・歯並び一般矯正マウスピース矯正子どもの歯並び・歯育て矯正咬み合せ検査・歯接触分析

おのざき歯科医院 〒321-3222 栃木県宇都宮市ゆいの杜4丁目7−1 TEL:028-667-4602

Copyright© 2005-2017 おのざき歯科医院 All rights reserved.